topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの記念樹ミッション - 2011.07.24 Sun

1週間前、普段行かないホームセンターでオリーブを見つけてしまった。
あ、このタグには見覚えがある。

DSC07310.jpg

創樹さん http://www.souju.co.jp/ のオリーブだ。品種はミッション。


真面目な話、僕はもうオリーブを増やしたくない。
理由は冬場の管理が大変だから(もちろん次の冬はオリーブを守る策はあるが)

でも、そのミッションの樹形は魅力的だった。
それにホームセンター店員の管理で、ましてや小さな鉢で8月を乗り切るのはしんどそうに見えた。


んーー。末っ子も生まれることだし少し早いけど記念樹ってことで・・・。





で、連れて帰ってきた。

DSC07303.jpg

立派なミッションだ。まさに大型の鉢植えの為に造られた樹形。
ちなみにこの写真は無駄枝を落とした後。最初の写真を撮っておけば良かったな。

内側に伸びた枝とがっつり交差した枝が少し見受けられたけど、貧弱な枝は少なく
しっかり管理されて育てられてきたことが伝わってくる。





6月に芽吹いたと思われる新芽には葉先の枯れが見られる。

DSC07313.jpg

創樹さんはHPで根回し済みと謳っているので心配はしてないけど、流石に根鉢が小さ過ぎる。

ホームセンターで確認したところ、入荷は4月下旬なので2ヶ月半ほど在庫されてたようだ。
管理にも問題があったのだろう。





でも新芽も展開してるので大きな鉢に植えてあげれば今後の芽吹きは大丈夫かな。

DSC07314.jpg

もしこのミッションに芽吹きが見られなければ購入は見送ったと思う。





何気に嬉しいのが3つだけぶら下がっている幼果。

DSC07316.jpg

やはり実の付いたオリーブは素敵だ。秋まで落下せずに残るだろうか。





創樹さんに限った話ではないけど、オリーブ業界の根鉢のサイズにはちょっと疑問を感じる。
鉢物も根巻き物も、とにかく根鉢が小さいと思う。

DSC07306.jpg

このサイズのミッションで内径23cmの鉢に植えられている。
恐らくオリーブは小さな根鉢でも十分に活着できるのだろうけど僕的には30cmは欲しいところ。

出荷先がオリーブを専門に扱うショップや造園屋なら問題は無いだろう。
でもホームセンター等に出荷された場合、素人同然のスタッフが管理する訳で。

もしこのミッションが8~9月まで売れ残ってしまったら、猛烈な暑さと鉢サイズによる
水管理の難しさできっと樹勢を失っただろう。


出荷の準備や流通時の労力&コストを低減するのが目的だと思うけど、オリーブのことを
第一に考えればもう少し大きな根鉢を確保して欲しいかなぁ・・。





鉢と樹を固定していた針金が少し食い込んでいた。これは仕方ない。
根がグラついているよりは遥かにマシ。

DSC07321.jpg

針金といってもスチールではなく、樹脂にアルミ粉末を混ぜたような当たりの柔らかい物。
太さの割に手で簡単に曲げることができるので取り外し易かった。





プラ鉢から抜いてみる。

DSC07322.jpg

根腐れはあるけど小根がびっしりと張っている。素晴らしい。
ちゃんと手間隙かけて根回しされているようだ。





鉢に入っていた土。

DSC07325.jpg

真砂をベースに堆肥が混ざっているのが分かる。他には何が混ぜてあるのだろう。
鉢の表面は腐葉土でマルチングされていた。





そんな訳で、一通り創樹さんの仕事ぶりに関心してから植え込み開始。

DSC07328.jpg

昨日のミッションの植え替えに使った土とは少し配合を変えてみる。

赤玉小粒3.5、桐生砂2.5、完熟牛糞堆肥2.5、バーミキュライト1.5の比率(目分量)
土を自分で作る人なら何を狙っているか理解してもらえると思う。

1ヶ月ほど水遣りを続ければ良し悪しが分かるかな。





昨日の記事で書き忘れたこと。

DSC07332.jpg

完全に乾いている土はなかなか親水しないので、少し土を入れて、水をかけて、を何度も
繰り返しながら少しずつ土の量を増やしていく。

なので僕が植え替えをすると一鉢で2時間は掛かる。鉢も大きいしね。





植え込み完了。

DSC07347.jpg

僕の作る土は見ての通り粗い。
でも赤玉土は徐々に崩れていくので最初はこのくらい粗くても良いと思っている。

半年ほど経って赤玉土が少し崩れてくると桐生砂が本領を発揮する。





最後に葉先の枯れた新芽をカット。

DSC07342.jpg

このミッションのサイズが伝わるだろうか。

鉢サイズは50φ、僕の身長は175cm。





少し早いけど、今度生まれてくる末っ子の記念樹が完成。

DSC07353.jpg

この先が楽しみな樹形だ。ミッションらしい綺麗な形。
やっぱり僕はミッションが好きだなぁ。


創樹さんの仕事ぶりも少し知ることができて有意義な買い物だったと思う。
次の給料日まで煙草と缶コーヒーは我慢するか・・。

No title

いや~~悪いねぇ~~~
私のためにw

テラコッタとのバランス最高だね( ´∀`)ノ+゜
その立派なミッション君どこに売ってたの??

記念樹っていうより自分が欲しかっただけでしょ?(笑)

No title

nanaさん

だからさっさと例のオリーブ買えよな~^^;

鯖江署のお隣と言えば分かるかな?
見つけた時は驚いたよ。もっと早く見つけてあげれば良かった。

いやいや、末っ子が元気に生まれてくることを願って・・・うんうん。

No title

あそこね! 私も見てこようかなw
やっぱり例のミッションは大きすぎて無理だよ~( ´Д⊂ヽ

お店の入り口が寂しいから夏場レンタルしてくれる?ww

No title

久しぶりに覗いてたら凄いことになってますね^^
なんて素敵なミッション!!

私も創樹さんのミッションを1本育てていますよ♪
saaさんのミッションほど大きくありませんがボリュームのある樹形がお気に入りです☆
うちのは入荷したてだったので葉の枯れもなく素晴らしい状態でした^^
これからが楽しみですね!

No title

nanaさん

まだネバディロくんが残ってたぞ。元気そうだったぞ。買え買え。
レンタルかぁ・・・んじゃ月2万で。うんうん。


カーサさん

カーサさんも創樹さんのミッション持ってるですか^^
良い仕事してますよね。眺めてるだけで樹形作りの勉強になります。

ウチのは在庫期間が長かったせいで葉色がいまいちですね。
早く本来の状態に戻してやりたいです。今はシェードの下で養生中^^


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://girodeolive.blog24.fc2.com/tb.php/88-b47649b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Olive garage «  | BLOG TOP |  » オリーブ 根の再生

プロフィール

saa

Author : saa
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
saaです。1976年生まれ ♂
北陸の里山で妻と3人の子供、ワンコとのんびり暮らしてます。

リビングからデッキ、芝生、畑へとつながるオープンな庭をDIYで作り始めるも一向に進みません(笑)
住環境を整える=家庭環境も充実するという考えのもと庭作りに励む休日。

オリーブの樹が好きで、Missionをメインに30本ほどを育てながらオリーブのある生活を楽しんでます。
オリーブの観賞樹としてのポテンシャルを十分に引き出せるよう樹形作りに特化した管理を行っています。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

Olive.....オリーブ (45)
Garden.....庭 (0)
House.....住居 (0)
Dog.....ワンコ (0)
moto&car.....乗り物 (0)
handwork.....工作 (4)
favourite photo.....写真 (0)
others.....その他 (0)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

count

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。